ぽん鱈って、どんなもの?
北海道で捕れた新鮮な助宗鱈を三枚に下ろし味付けした後、程よく乾燥させた珍味です。

 ぽん鱈の美味しい食べ方
そのまま、むしって召し上がってください。
マヨネーズに七味唐辛子と醤油を加えたものに、ぽん鱈をつけて食べると格別です。
お酒・ビールのおつまみには最高で、止められなくなりますよ。
残った皮は火であぶってパリパリにすると、おせんべいのようになって美味しいです。
これが、ぽん鱈になる助宗鱈です。 昨日まで、オホーツク海で泳いでいました。
一匹づつ丁寧に下ろします。熟練した工員さんの手作業です。
中骨を取って、きれいに三枚に下ろされました。
味付けされた後、このような状態で乾燥させます。
その後、箱詰めしてお客様の手元に届けられます。

すべて手作業で、丁寧につくられています。
ところで・・・ぽん鱈の 『ぽん』 ってな~に?
  北見のお隣、網走の漁師さん達の言葉で、真鱈(マダラ)の小さいものを 
  「ポンタラ」 と呼んでいるそうです。
  
  でも、マルゲンの 『ぽん鱈』 は、助宗鱈(スケソウダラ)を使っているので
  実際の 「ポンタラ」 とは違うのですが・・・

  そんなところからネーミングされたようです。